Internet 3原色 free, open, share

takabsd x iTakahiro x I,Takahiro

KURT COBAIN ABOUT A SON

昔のblogのarticle(Sep/2007)のrepost.

このinterviewは、Michael Azerradが"Come as You Are: The Story of Nirvana"という本を書くためにおこなったinterviewのようだ。

Prior to Cobain's death, writer Michael Azerrad published Come as You Are: The Story of Nirvana, a book chronicling Nirvana's career from its beginning, as well as the personal histories of the band members.
The book explored Cobain's drug addiction, as well as the countless controversies surrounding the band.
After Cobain's death, Azerrad re-published the book to include a final chapter discussing the last year of Cobain's life.
The book is notable, as it involved the band members themselves, who provided interviews and personal information to Azerrad specifically for the book.
In 2006, Azerrad's taped conversations with Cobain were transformed into a documentary about Cobain, titled Kurt Cobain: About a Son.
Though this film does not feature any music by Nirvana, it has songs by the artists that inspired Cobain.

wikipedia:en:Kurt Cobain

-------------------- start --------------------
2007年8月26日、渋谷アミューズCQN

映画の予備知識をまったく入れずに観たので、正直観た後は後悔した.

しかし、2週間経った今は、映画の手法としては正しかったと思う.

この映画には、Kurt Cobainの動く映像はまったくない(多分).

Kurt Cobainにゆかりのある人のinterviewがあるわけでもない.

ひたすら、Kurt Cobainの言葉が流れつづける.

そしてスクリーンに映し出されるのは、Kurt Cobainの話の舞台となる町の風景、そしてその町の人々.

死ぬ前年から死んだ年までに録音されたものということだ.

私はKurt Cobainについてほとんど知識がない.

interviewを観たこともないし、video clipsを観たこともない.

ただ"Nevermind"を持っていて、むしゃくしゃするときにはいつも聴いてる、という程度だ.

だから、このinterviewがどれだけ価値のあるものなのかはわからない.

この内容がこれまで、本に載ったことがあるのかも、自分の生い立ちをしゃべったことがこれ以外にあるのかも知らない.

Kurt Cobainは、本当に率直に自分の生い立ちと思いを話している.

ここからわかるのは、Kurt Cobainが本当に普通の青年だということだ。
かなりナイーブだけど.

尾崎豊のliveを初めて観た時と同じ印象をもった.

尾崎豊Kurt Cobainが似てると言われるのもわかるような気がした.

ところで、"Nevermind"が出た当時、友達がKurt Cobainの話をしてるのを聞いていて、"かわとこばん"という芸人の話をしてるのだと勘違いしてました.
-------------------- end --------------------

広告を非表示にする