Internet 3原色 free, open, share

takabsd x iTakahiro x I,Takahiro

さすがの猿飛 最終巻

漫画の最終巻としては、この『さすがの猿飛』弟7巻が最高だと思う。
特に好きなシーンの台詞だけを厳選して抜き出してみたんだけど、『GU-GUガンモ』の最終話のように台詞だけでその良さを伝えるのは無理そうだ。
絵がないとこの良さは伝わらない。
この最終巻は、最初のエピソード以外は一つのシリーズとなってて、最終巻を最初から最後まで読んだ方が絶対に面白い。
コメディタッチで始まる物語が少しずつシリアスさを増していき、最後の2話で一気にクライマックスにもっていく展開は今読み返してもやっぱり面白い。
アニメしか見たことがない人は、できれば第6巻から読んでほしい。


魔子

けど強すぎて、ときどきあたしの手の届かないところへいってしまうんじゃないかって、思うことがあるわ。
・・・・・・
すっごく強くなりたいの!そう、肉丸くんとおんなじくらい…!



美加

またきてんのかい…
ムダだぜ、いくらまったって、あいつら二度とここにもどってくる気配はねえって。

肉丸

でもなにか手がかりになるよーなモノを、残してるかもしれないからねっ!

美加

……そだな…
ほれ…

肉丸

うーん!

美加

どうした?食いなよ肉丸。

肉丸

うん…

美加

大丈夫、魔子はきっと無事にしてるって。あいつ、あれで気丈な娘だからさ…

肉丸

うん…

美加

おまえここんとこロクにモノ食べてないんだって?
ムリもねえ…魔子のお袋さんでさえ、めげて寝込んでるくらいだからな。

肉丸

うん…

美加

つらくってあたりまえさ!

肉丸

うん…

美加

落ちこんで泣いて暮らせばいいことじゃんか!
なのにどうしておまえってヤツは、そんなにふんばりがきくんだよォ…

肉丸

うん…



幻十郎

いまやおまえは猿飛肉丸を超え、史上最強の忍びなのじゃぞ!
・・・・・・

魔子

あたしは彼と同じくらい強くなりたかっただけ…
彼がどこへいこうとついていけるあたしでいたかっただけ…



八宝斎

どうもわしは先を越されそうな気がしてならんのじゃ。あやつに……
あやつがまた、井戸に落ちた魔子ちゃんを命からがら助けあげてくれるような……
そんな気がしてならんのじゃよ…



肉丸

帰ろうね。魔子ちゃん。みんなまってる。

魔子

あたしときて。あたしの妖ノ者学院へ。

肉丸

校長先生も、おばさんも、

魔子

あなたと戦いたくないの。あなたに勝ちたくないの。

肉丸

美加ちゃんも、小太郎さんも、服部くんも。うちのダディも、マミィも、じっちゃんも。

魔子

お願い!あたしのいうことを聞いて!!

肉丸

このぼくもまってる!!



肉丸

何度やっても同じことさ。
しょせん幻で現実の痛みを打ちはらうことはできない!



八宝斎

"地の巻"だけはおぬしに見せとうなかった。それをしるは、幻術をいとおしみ幻術に生きるおぬしに、死ねというようなものじゃ。
・・・・・・

幻十郎

人生もまたまぼろしのごとく…
あっぱれ八宝斎。それこそ幻術の極意なるかな。



肉丸

魔子ちゃん。帰ろうね…

魔子

や…やめて。死んじゃう……
肉丸くんが死んじゃう!!
・・・・・・

魔子

もしかして幻術はたまたまきっかけにすぎなくて……
あれが本当のあたしの姿だったのかもしれないのよ…!
あたし…いつまでたっても肉丸くんに苦労かけることしかできない…

肉丸

でもぼくは……
そういう魔子ちゃんがいてくれないとダメなんだ。



ナレーション

今日はきのうの繰り返しかもしれないけれど……
あしたは今日の繰り返しかもしれないけれど……
それでもおぼえていこう、ひとつひとつ……
やさしさも…
かなしさも…
また一日がはじまる---