Internet 3原色 free, open, share

takabsd x iTakahiro x I,Takahiro

乱歩地獄

昔のblogのarticle(Nov/2005)のrepost.

-------------------- start --------------------
http://www.albatros-film.com/movie/rampojigoku/top.html

2005-11/25 テアトル新宿

とにかく「すごかった」の一言。

面白かったか、つまらなかったかと聞かれても、答えは、「とにかくすごかった」の一言。
そういう映画。

グロいのが嫌いな人は絶対観ちゃいけない。
精神的な疾患がある人も観ちゃいけないような気がする。

「鏡地獄」の成宮寛貴は思ってた以上に怪演だった。正直事務所がよくOKを出したなというほど。

でも、その後の「芋虫」と「蟲」の大森南朋岡元夕紀子、そして浅野忠信緒川たまきの怪演、
特に大森南朋浅野忠信の演技は、成宮寛貴の演技が普通の演技に見えるほど凄まじかった。

「蟲」の後半の畳かけるような演出は、正直監督のマスターベーションを見せられてるような気もしたけど、凄かった。

私はグロいのは好きじゃないんだけど、やはり演出や演技がいいからなのか、どうしても画面に引き込まれてしまった。

演技が凄いだの、グロいだのと言ったけど、この映画はビジュアルの映画です。

4作品とも徹底的に監督がビジュアルに凝って作っている。

とにかく、もう何もかもが凄い。
最初に断った人以外はぜひ映画館で観て欲しい。

ところで、大森南朋はやっぱりミニシアターで観るのがいいですね。

最近は TVドラマとか保険の CM とかに出てて、「いい人」というイメージを持ってる人が多いと思うけど。

船越英一朗が 2時間ドラマの帝王なら、大森南朋はミニシアターの帝王なのだ。
-------------------- end --------------------

広告を非表示にする